Bungy's Cafe ~遠野から山梨へ~
1年半の被災地支援の働きを終え遠野から山梨に遣されたバンジーです。 被災地支援の働き、遠野の暮らしを書いてきましたが、 今度は、山梨で新しい家族の甲斐犬紫狼(シロー)を迎え、 共に過ごす日々の暮らしを、季節の移り変わりにあわせて伝えたいと思います。
プロフィール

バンジー

Author:バンジー



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年2度目の被災地訪問
昨日の話です。
昨日は仮設を訪問してきました。いつも訪問させていただいているところです。
まず、吉里吉里の仮設手前で一人で自宅を建てなおしているおじさんのところに顔出しに行きました。奥さんと住んでいた家を再建して何とか住みたいのだそうです。年末に電気がやっと通って、年明けに水道もやっと復旧したそうです。12日なので一日遅れですがということでお花を渡しました。

その次は、そこからすぐの仮設で一人暮らしをしているおじさん。津波で奥さんも家も、漁師の仕事道具もすべて流されてしまって、心も一緒にどこかに流されてしまったおじさんです。一日遅れですがと、お花を渡すと下を向いて泣き始めてしまいました。震災の中で人のエゴも見てしまい、何もやる気も起きず、生きる希望を失っています。会うのは2回目ですが前回も今回も、どうしてこんなふうになって生きていかねばならないのか?と問いかけられました。私には答えるすべがありません。10月まで牧師をさせていただいていましたし、今でもキリスト者として、信仰者として生きているのにも拘わらず答えられないのです。
ただ、私はおじさんを忘れないでいつも祈ってるから、また来させてね、と伝えるのが精いっぱいでした。


その次は、大槌町の小鎚川沿いの奥にある仮設訪問。いつも大変お世話になるおばさんがいなかったので、もう一人いつも気にかけているおばあさんのところへ。正月明けに訪問した時にはいなかったので、年明け初の顔合わせでした。おばさんも喜んで迎えてくれ、家のなかに「片付いていないけど入って、お茶っこ飲んでってけろ」と招き入れてくれました。そして正月に子どもさんや親戚、友人がたくさん訪ねてきてくれた、と楽しそうに話してました。初めてお会いした時は、ほとんどしゃべることのないおばあさんだったのですが、今はとても元気になりました。少しずつ感情を表に出すことができるようになってきているように感じました。でも、まだまだいろんな辛苦、悲哀が心の中の多くの部分を占めているのを知っています。それだけに、元気で楽しそうにしゃべっているのを聞いて、余計にうれしく思えました。お茶うけには「マヅボ」という三陸特産の海草(ネットで調べたら「松穂・まつぼ、松藻・まつも」とも言うらしいです・・・かなりいけますよ!)、そしてあんころ餅やクルミ餅をごちそうになって、私も大喜びでした(笑)。


最後に、うちの奥様を最近新装オープンしたショッピングセンターに降ろし、私は仮設店舗で営業している床屋さんに行ってきました。これも立派な、被災地の経済支援ボランティアなのだ。

これで仮設店舗の床屋さんは2回目。前回の床屋さんは話し出したら長くて2時間以上頭をいじってくれて、話をしてしまったんですよね。で、今度は別の床屋さんへ行ってみました。前回の床屋さんも、知人や空手の先生を津波で流されたって言ってたけど、今度の床屋さんとも震災の時のいろんな話をしました。家族全員何とか無事だったけど、店舗を兼ねた自宅が燃えてしまった、ということ。大槌町は津波でこわされたGSやいろんな店から流れでた油、ガソリンに火がついて火災が起きて、津波と火災の二重の被害を受けた場所なのです。床屋さんも店舗兼住宅が津波は何とか耐えたけれど、出たあ火で燃えてしまった。店は何とか元の場所でやりたいけれど、住むのはもう嫌だそうです。
そんなこんなで、ちょびっとさっぱりした髪型になったバンジーでした。


仮設に行く途中、釜石付近で札幌教会の大輔牧師から電話をもらっていたので折り返しの電話。車いすをくださる方がいるが遠野VCの関係で必要ないか、とのこと。さっそく、小鎚の仮設にあるグループホームに確認しましたが残念ながら、そこでは必要ないとのことで大槌町の社会福祉協議会に行って確認したら、町の福祉課に確認してくださいと・・・。そこで、今度は福祉課の包括支援センターに行きました。そこでは、感謝して受け取ってくださるとのこと!ああ、よかった!思いがけず、町の福祉課長さんと担当者とも名刺交換し顔つなぎができたので、今後この手の献品や支援物資が手に入ったら相談に来よう!



さて、遠野の話。
今朝の遠野は雪でした。片栗粉のように細かい雪が降っていました。

昨夜というか今朝早くに、尻が痛くなりました。寝相が悪く、気が付かないうちに布団がずれて、ちょうど尻だけが布団からでる格好で寝ていたようです。寒い日に外を歩いていて、耳とか鼻とか冷たさのあまり痛く感じることがありますよね。ようはそれです。でも家の中で寝ているときに寒くて布団から出ている部分が痛くなるのを、関東以西の皆さん想像してみてください。尻に火がつくことはしょっちゅうあるんですが、尻が凍み付くのは初めてでした!
でもこれが「遠野」なのです。

スポンサーサイト
遠野の不思議1
遠野の不思議

昨年の10月から盛岡市内に移り住み、遠野まで通いを続けていました。盛岡~遠野は約70㎞ありまして、通うのも一苦労。で、やはり一度遠野に入ると2~4日は遠野ボランティアセンター(以下「遠野VC」)に泊まるという生活。そういう時は、カミさんを一人にもしておけないので同行してもらっていました。遠野VCにはシャワーはあるのですが、残念ながら風呂はついていません。そこで風呂はというと近くの温泉に行きます。一つは遠野VCから車で5分ほどの踊鹿(おどろか)温泉、一つは水光園という車で15分ほどの宿泊施設にある温泉。踊鹿温泉はラジウム泉で初めての人は1回につき2~3分で一日2回までにしてください、という注意書きがあります。入浴料は確か630円だったかな・・・。でも630円出して5~6分だけしか入っちゃだめよ、ってひどいと思いません!初めて入りに行ったとき、その注意書きを一緒にいた人と読んでいたら、隣のおじさんが「こんな注意書きがあったんだなぁ~。俺は今日すでに60分以上浸かってるなぁ」とぼやいておられました 汗)。水光園は普通だけど520円。ですから、やっぱりそう頻繁に入りに行ける温泉ではないのです。
で、どうするかというと遠野の市内にごみ処理施設がありまして、そこに「よねつの湯」という入浴施設が併設されているのです。そこは普通は210円なのですが、ボランティアは150円で入れてくれるので、よく利用させていただきました。そこで、遠野まごころネットにボランティアに来ている方々とも会うことがありましたし、狭いんですがいい風呂でした。

さて、ここからが本題・・・カミさんの話です。
11月に入ってからだったでしょうか、カミさんと遠野VCに泊まって「それじゃ、よねつの湯に行こうか」となりました。よねつの湯に着いてそれぞれ男湯、女湯に分かれ風呂場に入ろうとしたときのことです。カミさんには風呂場から女の人の話し声が聞こえたそうです。で、カミさんは「2人くらい入っていて話をしてるんだろうなぁ」と思ったそうなんですが、風呂場に入ると誰もいない。話し声もピタッと止んだそうなのです。風呂をあがって帰るときにそんな話をするので、男湯と壁一枚しか隔てられていないから男湯に入っている人の声でも聞こえてたんじゃないの、と言っても「絶対あれは若い女の人の声だった」といいます。まぁいいや、湯冷めしないうちに帰ろうとなりました。途中で、カミさんが「そこを右だよね」といいます。絶対違ったはずなんですが私も「そうだっけ」と言いながら右に曲がってしまったのです。すると街灯もない暗く細い道へ導かれました。車のライトを上向きにして進んでいくと右手に急に墓場が出てきてビビったぁ!バックしようとしても狭くて戻れないし、無理やりそのまま前に進んで墓場を右手に何とか通り越して、大きな道に出ることができました。
そのあと私はカミさんにコンプレインの嵐です。「へんなの連れてきやがって、もう勘弁してよぅ・・・トホホ」

だって墓場を通り過ぎたその瞬間私の耳にはっきり聞こえたんです。「ありがとう、おかげで湯冷めしないで帰ってこれました。またね」って・・・・・・・・・・ゾゾッ~~~!!


これが遠野で経験した不思議第一弾です。
どうかご感想をお聞かせください。
尚、最後に私が聞いた声というのは作り話ですが、カミさんに対するコンプレインの嵐のくだりまでは真実です。これが「遠野」なのです。
あけました!今年もよろしくお願いします。
あけました!今年もよろしくお願いします。

新年早々、被災地支援と遠野暮らしを伝えようとブログを立ち上げました。昨年よりの課題でしたので・・・。

既に10か月を過ぎる今では、東北以外の場所で東日本大震災は過去のことになってしまっているようだと聞きました。しかし、現地ではまだ震災被害が続いています。震災のことが忘れられていく中で、震災被害はより大きくなっていくのかもしれません。そんな被災者、被災地支援の現状をお伝えしたいというのが一つです。

もう一つは遠野暮らしについて。
遠野はキリスト者の私から見ると、異宗教、異文化の土地です・・・が、とても不思議な魅力的な土地に思えるのです。まだ住んで1か月もたたないので「魅力的な土地です」と言い切れないのですが、遠野物語を読んだだけでこの土地には何処か魅かれるものがあります。そんな遠野暮らしを紹介します。
FFや、そこで出会う自然のことなんかも紹介できたらいいなぁ。

で、できるだけこまめに更新したいと思ってはいるんですが、どうなることやら。
とにかく、マメじゃないんです、私は。

だから、もし時間が空いたら何方かどうぞ尻を叩いてください。
よろしくお願いします。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。